手相

今から15年くらい前、会社に勤めていた頃に、よく当たると評判の占い師に手相を見てもらったことがあります。

評判だけあって、路上だったにもかかわらず、長い行列が出来ていて、会社の先輩達と何を占ってもらおうとぺちゃくちゃおしゃべりしながら並んで待っていました。

ちょうど「新宿の母」とかが話題になってたころだったかな~。手の皺を見るだけで何で人生がわかっちゃうの??ってかなり怪しみながら面白半分で席に座りました。
もううろ覚えなんですけど、名前と生年月日は伝えたかな。両方の手を見比べたり、何か棒のようなものを分けたりして、占いが始まりました。


そのころの私の関心事といえば、ずばり、結婚できるのか、ということ。何しろ奥手で、それまで男性とお付き合いさえしたことなかったので(笑)
でも、そんなことはひとことも言ってない筈なのに、

「恋愛も結婚もできますよ。子宝にも恵まれます。相手はん~、まじめな数字を扱う仕事をしている人。
 あなたは、何か物を作ることが好きですね。手を動かすことが向いてます。
 それから、文章…詩を書いたり…文章を書くでしょう。」

というような事を、さらさらっと言われました。

まだ付き合ったことさえないのに、何で相手の職業までわかるの~??
確かにもの作りは好きだったけど、文章は日記さえまともにつけたこと無いし、これは違うな~なんて思いながら聞いていたら、

「こんなところですね。他に何かありますか?」

「…(え?これで終わり??何か?ん~)あ、仕事。今の仕事はどうでしょう?」

ちらっと手を見て、
「ま~、いいと思いますよ。あなたも別に不満があるわけじゃないでしょう?」
と流され。

そ、そうですか(^^;)
確かにその頃はまだ会社ものんびりとした時もあり、人間関係もこれといって不満があるわけじゃなかったけれど、私なりに頑張っていたので、この言われ方は残念だなー。
結婚相手のことはまだ全くわからないし、日記も一日坊主なのに文章なんて書けるわけないし、評判ほどそんなに当たってないかもね~。

と、ただ面白がったでけで終わったのですが。



その後まもなく今のオット(社内で数字扱う仕事)と付き合い、結婚。男女の子供も生まれ、パートでケーキ作りをし、嬉々としてブログで文章書いている…



あ、当たってる~~~~~!!!!!?



そういえば一緒にみて貰った先輩は、結婚指輪を外していたにもかかわらず、
「ネクタイの柄のようなことを口出しするもんじゃない」
といわれたとか。「ちょうどそんなことがあったのよ!」って興奮していたっけ。

あの後わりとすぐにその場所にいなくなった、と聞いたので、もう叶わないだろうけど、また見てもらったら今度はなんて言われるんだろうな~なんて、珍しく続いているブログを書きながら懐かしく思い出してます(笑)
それにしても、なんでわかるんだろう?不思議!!
[PR]
by sanekoko | 2008-05-08 23:55