チョコ

c0145763_22223539.jpg

                          
紅茶グマ焼菓子工房で習ってきましたチョコレート(UJI&トリュフ・オ・キャラメル)。

テンパリングにも挑戦です。
製菓用チョコレートはただ溶かしただけでは固まらないんだそうです。
一度45℃に溶かしたチョコを26℃~28℃(チョコの種類によって違う)に冷まし、再び31℃にあげ、作業します。

が、一回目は失敗(T T)

テスト用にカードにつけたチョコはいつまでも固まらず…。(3分以内に固まればOK)
温度計に頼りすぎ、全体が均一の温度になる前に下がったと思ってしまったようです。

みど先生に「まだチャンスはあるから!」とやさしく励まされ、
2回目のホワイトチョコでは無事成功することができました~。(ホッ)

ガナッシュに上掛けし、完成!
自分ひとりでは材料や器具を準備するのも大変なチョコレート。
ドキドキしながら作業して、ひとつづつ出来上がっていく工程はとても楽しかったし、できたてのチョコの味は格別でした!

そして今回は、講習後にみど先生お手製軽食付き!
チョコと同じくらい楽しみにしていたのですが、おいしかった~。
子牛肉のパイ包みと野菜のグラタン。

デジカメで撮影してたのに、なぜか取り込めず。(最近こんなのばかり)
グラタンは作り方も教わったので文だけだけど、覚え書き。

じゃがいも(メークイーン)とカリフラワーを少な目の水でくたくたになるまで茹で、つぶし、塩で味付け。このとき茹で汁は捨てずにすこし緩めのマッシュポテト状になるようにする。
グラタン皿に移し、ベシャメルソース(ホワイトソース)をかけ、オーブンで焦げ目がつくまで焼く。

味付けはお塩だけと思えないほど、うまみがあって美味しかったです。

そういえば、以前きくちゃんにご馳走になったさつまいもと玉ねぎのポタージュスープもコンソメとか使わないレシピで、とっても美味しかったなぁ。

体にもやさしい野菜料理もいろいろ覚えたいです。お料理教室はじめて欲しいな~。

みど先生、まいちさん、ムッシュ、ありがとうございました!
[PR]
by sanekoko | 2008-02-10 22:22 | つくる(ぱくぱく)