パータデコールの作り方

まだ、私もきちんと出来てはいないんですけど、反省点も含めて書いてみようと思います。
HAND MADE DIARY のもそさんのレシピを参考にして、最近作っているのはこんな方法です。

<材料>
バター   30g (無塩でも有塩でもあるもので。必ず室温に戻しておく。マヨネーズ状。溶かすのは×)
粉糖    30g
卵白    25g (室温に戻しておくと分離しにくい)
薄力粉   25g

ブラックココアパウダー 適量 (色は茶色くなるけれど、普通のココアパウダーでも)
食用色素          適量 (赤・青・黄の3色があればだいたいの色は作れます)


<先に用意しておくもの>
使う色の数と同量のコルネ、スプーン、小皿、楊枝(修正用)
c0145763_2220459.jpg
コルネはオーブンペーパーを三角に切って作ってます。
ツルツル滑ってしまうので、ホチキス止め。


c0145763_22135538.jpg
下絵(文字は逆さになるので要注意)の上にオーブンペーパーを重ね、下敷き状のまな板などにずれないようクリップで留めておく。
材料は、上から順にミニ泡立て器で混ぜていく。
(基本の白生地)


c0145763_2231576.jpg
一部をとりわけ、ブラックココアパウダーを混ぜる。
(枠線用黒生地)


c0145763_22332467.jpg
コルネに入れ、上から漏れないよう、上部を折り曲げる。このとき、合わせ目を上にして、後ろに折り曲げ、紙をピンと張るようにすると、コルネが崩れにくい。
パータデコール生地を入れ過ぎると漏れやすいので、2/3以上は入れない方がいい。
先端を少し切る。


c0145763_22382388.jpg
左上から線に沿って絞り出し。(左利きの方は右上から)
ちょっと固めの生地の方が枠線にはいいみたい。
絞り出した後、色を重ねても大丈夫だった。
もし、失敗したら、拭き取るか、1度冷凍庫で凍らせてから楊枝等ではがすとうまく取れる。


c0145763_233793.jpg
同じようにして、食用色素で色生地を作り、塗っていく。
色つけは、逆に、気持ちゆるめの方が早く塗れる。
手の温度で生地が分離してきたりするので、作業は早めに。
ゆるすぎたら、薄力粉をすこ~しずつ足して絞りやすく調節。
先に、白→原色→原色を合わせた色→全部あわせて茶色
と塗っていくと無駄がない。
焼くと色が濃くなるので注意。
ケーキ生地を作っている間、冷凍庫に入れておく。
一度に時間が取れないときは、前日にここまでしておくといい。


c0145763_2333088.jpg
天板に敷き、ケーキ生地を上から流し込む。
ケーキのレシピの焼き時間と温度で焼く。
(家の火力が弱いオーブンでは、230度余熱、200度で12分焼成)


c0145763_2335898.jpg
焼き上がり。
ケーキが冷めたら、ゆっくりとペーパーを外していく。
これはまだ少し暖かいうちにはずしてしまい、一部取れてしまった。(推測)
あと、パータデコール生地を塗る時や、ケーキ生地を流す時は、ゆっくり流し入れるなどして、気泡が入らないように注意。
そこだけ色が落ちてしまう。




c0145763_23161270.jpg
余った生地はそのまま焼くと‥


c0145763_2317429.jpg
薄いクッキー状に焼き上がり。
様子見ながら焼くつもりだったのに、他のことしてて焦げちゃった(;;)
ちょうどいいのは、230度余熱、200度5~6分ってところかな。

すぐにしけるので、早めにどーぞ!


人気ブログランキングへ焼き上がってひっくり返す時と、出来たケーキを披露して驚いてくれたときが最高♪
↑参加してます。
ぽちっとよろしくお願いします。
[PR]
by sanekoko | 2009-09-25 23:25 | パータデコール